話題のバターコーヒー(完全無欠コーヒー)を簡単につくる方法

以前見かけてから興味はあった話題のバターコーヒー(完全無欠コーヒー)。でも材料を揃えたり、作るのが面倒くさそうだなという理由から、試さずにいました。ところが、話題になったせいか便利な商品が出来ていました。

ジャジャーン!


なんと!ココナッツオイルとギーが一緒になったものが売っているではないですか!(私は成城石井で2,680円で購入しました。)これならいつも通りコーヒーを淹れた後、これを混ぜるだけで完全無欠コーヒーが出来上がります。

そもそも完全無欠コーヒーとは?

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本で紹介されて、話題になったバターコーヒーです。これを朝食代わりに1杯のむことで、ダイエットに効果があり、頭の回転がよくなりパフォーマンスが上がるといいます。
油なのにダイエットに効くの?と不思議に思われるかもしれませんが、MCTオイル(中鎖脂肪酸油)を摂ることで、「ケトーシス」になるよう促します。「ケトーシス」とは、(糖ではなく)脂肪を燃焼してエネルギーとする状態です。「ケトーシス」はダイエットにも効果的ですが、脳がケトン体をエネルギーとしているときには、血糖値が安定するため、高炭水化物食を摂ったときに起こるようなエネルギーレベルの急降下が起きずに集中力が増す効果も期待できるようです。

完全無欠コーヒーの作り方

【材料】

  • オーガニックのコーヒー 1杯分
  • グラスフェッドバター(牧草だけで育てた牛のミルクから作ったバター) or ギー 大さじ1~2
  • MCTオイル 大さじ1~2

【作り方】

  1. コーヒー豆を挽いてドリップした後、グラスフェッドバターとMCTオイルを入れます。
  2. ブレンダ―やミルクフォーマ―でオイルが乳化(ミセル化)するまで攪拌して、できあがり。

ダイエット効果も気になるが……

ダイエット効果も気になるところではあるのですが、脳の回転がよくなる・パフォーマンスが上がるという点に期待しています。実際試してみての結果は、また後日レポートしたいと思います。

追記

元々あまり朝食を摂る習慣がなかったせいもあってか、ダイエットとしては私には効果が感じられませんでした。ですが、空腹を感じさせない効果や、集中力の高まりは感じられました。午前中の仕事の捗り方がかなりよかったです。但し、胃の調子があんまり良くないときだとちょっと胸焼けするのが玉に瑕(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です