メルカリで初めて売ってみた

メルカリで売るのは初めて

先日、AmazonでセールになっていたタイミングでKindle Paperwhiteを新しいものに買い換えました。ですが、古いものも特に故障などはなく画面も綺麗な状態なのでまだまだ使えるのです。読書好きな母にあげようかとも考えたのですが、使いこなすのはちょっとハードル高そうだし、「(電子書籍より)紙の本がいい」と日頃から公言していたので結局埃をかぶるだけになってしまいそうです。

そこで、「メルカリで売ってみるのはどうか?」と思いつきました。以前から興味はあったのですが、手続きが煩雑そうに思えてなかなか手を出せずにいました。

とりあえずメルカリで同じ世代のKindle Paperwhiteを検索してみたところ、ちゃんと値がついて買われています。幸い箱も取っておいてあるから、梱包もそこまで大変ではなさそう。

これは試してみるには良いチャンス。そんな訳で、初めてメルカリで「売る」ほうをやってみることにしました。

梱包材はセブンイレブンでも買える

実は一番手間がかかりそうで気になっていたのが梱包について。調べてみたところ、一部のメルカリ専用の梱包材は、セブンイレブンでも販売をしていました。

メルカリの梱包資材をセブン-イレブンで発売開始。セブンで箱買って配送

今回は箱のサイズを測ったところ「宅急便コンパクト」で送れることが分かったので、早速近所のセブンイレブンで購入。プチプチも一緒に買ってきました。箱の組み立ても分かりやすく折り込む場所などに数字が振ってあるので、手順を確認しながら組み立てれば問題なしです。

メルカリに出品するときに気をつけたこと

メルカリに出品するときに気をつけたことを挙げてみます。

  1. 商品がよく見える写真
  2. 商品の状態がしっかりわかるように説明文を書く
  3. 付属品の有無など

1. 商品がよく見える写真

最初は写真のサムネイルを見て購入者に選ばれることになるので、写真の見せ方はとても重要だと考えます。

明るいところで撮影すること、鮮明に撮ること(ピントが合っていない、画像サイズが小さくて荒れている状態などは避ける)、露出やコントラストや彩度を調整して綺麗な写真で見せること(iPhoneもAndroidもデフォルトの写真アプリで編集が可能です)、これらを気をつけるだけでも随分写真の印象が変わってきます。

あとは、余計なものが映り込まないように周囲が片付いた状態で撮影した方が良いと思います。たまにすごく散らかった室内が映り込んでいたりするケースがありますが、個人的にはちょっとルーズな人なのかな?と考えてしまって購入を躊躇いますね…。

2. 商品の状態がしっかりわかるように説明文を書く

今回のKindle Paperwhiteについて言えば、商品スペックをしっかり記載しました。「第7世代 Wi-Fi接続 広告なし」など。

あとは擦れたキズが何箇所かありましたので、それも書いて拡大して撮った写真も一緒にあげておきました。この辺りを適当にごまかしてしまうと、後のクレームに繋がりかねないので最初に伝えておいた方が得策だと思います。

キズがあるのがわかるように拡大写真もアップ

3. 付属品の有無など

今回は付属品が揃っていたので、そのことも説明文・写真でわかるように載せました。金額が変わってきてしまう部分なので、付属品の有無もはっきりわかるようにしておきましょう。

例えばブランド物のバッグなどを売る際には、箱や保存袋が取っておいてあると◎なので今後は気をつけて保管しておくようにしたいです。

付属品が揃っている場合はそれもアピール

そして、売れました!

さて、以上のことに気をつけながらいざ出品。その後も3日間くらいはいいねはつくものの買われずにやきもきしていたのですが、コメントも値引き交渉もなくふいにお買い上げいただきました。わーい、売れた!

売れた!

既に梱包して準備をしていたので、その日のうちに発送。発送後も無事に届くかちょっとドキドキしていましたが、ちゃんと届いてお互いに評価をしたところで取引完了。あっけないほどスムーズに取引ができたことに若干拍子抜けしつつも、売れると思っていた以上に嬉しいですね、これは。

家の中にまだ使えるけど眠ったままになっているものがもしあるなら、使ってくれる人のところに渡った方が有効活用できて良いかもしれません。興味はあるけどまだメルカリで売ったことがない方、試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です